メンズの革靴は靴修理でつま先を綺麗にしてもらおう


毎日履いていると、歩き方の癖や素材によって靴のつま先がどんどんすり減ってしまうということがあります。履き慣れた靴やお気に入りの靴だと、簡単に買い替えたり捨てたりすることはできませんし、どうしたらいいものかと頭を悩ませている人もいるでしょう。そんな時には靴修理を依頼するようにすれば、見違えるように綺麗にしてもらうことが可能です。

修理をすべきタイミングの目安

「履けるからいいや」と思って毎日のように靴を履いていると、気づいた頃にはつま先がすり減り、穴が開いてしまっていたというようなことはありませんか?実はここまで来てしまうと、靴修理もできない場合があります。ある程度のすり減りであれば修理が可能なので、日頃から手入れをしながら状態を観察することが大切です。

革靴靴と一言に言っても、素材や製法によって様々なタイプのものがあります。それぞれ修理をすべきタイミングが違うので、それを理解しておきましょう。

まずグッドイヤーウェルと製法で作られたものです。これは出し縫いが施されているタイプなので、細革が見えるようになってきたら修理の目安となります。もしも放置してそのままウェルトまで来てしまうと、ソール全体を交換しなければなりません。逆に出し縫いがないマッケイ製法などの場合には、つま先の断面が半分削れたくらいが目安となります。

次にダブルソールの靴ですが、この靴の特徴は頑丈故に柔軟性がないということです。シングルソールに比べてしっかりしていますし、長く履いていきたいと思っている人にはとても良い靴なのですが、柔軟さがないことでつま先のすり減りも早い傾向にあります。ミッドソールの断面に摩擦がかかっていると感じる手前くらいがベストな修理のタイミングです。

最後にハーフミッドソール靴ですが、これはダブルソールの弱点を改善させたようなタイプの靴です。柔軟性が加わってかえりが良くなるだけではなく、重さも少し軽くなります。修理のタイミングとしては、ダブルソールと同じくらいだと思っておきましょう。

靴修理はどのように行われているのか

すり減ってしまったつま先をどのように修理しているのかということですが、これは職人の手作業になります。すり減り具合も、使用している素材も靴によって全然違うので、機械を使って行うというのは難しいのです。実際にどのような修理が行われているのかということですが、まずはすり減った部分を削るところから始まります。ローラー式のやすりのようなものがあるので、それにつま先を当てて削るのですが、どの程度削るのかは職人さんのさじ加減となります。

そして削って綺麗になったら、そこにつま先専用の材料を取り付けていきます。貼り付けるような感じにしたらハンマーなどを使ってしっかりおさえて接着させていきます。はみ出した余分な材料はカットし、最後は再びローラーに当てて不要な部分を削っていきます。これで接着した材料を全体に馴染ませることができれば完成です。ソール全体を交換するというような修理ではなく、つま先だけに焦点をあてた修理となるので、範囲も狭いことから修理にかかる時間はそれほど多くはありません。

しかし手作業になりますし、靴の状態によっても修理の仕方が若干変わるので一概には言えません。ダメージの程度にもよりますが、当日中に直せる場合もあれば、数日間を要する場合もあります。また修理の依頼が込み合っていた場合にも時間がかかります。依頼する際には、どれくらいの時間がかかるのかを事前に確認しておくようにしましょう。

場合によってはアレンジを加えることも可能

つま先修理の際には元々使われていた素材を材料として修理することがほとんどなのですが、専門店に持って行けばアレンジを加えることが可能です。例えば本来はラバーのつま先だったものをメタル素材にしてみたり、メタル素材だったものから革やラバーに変更するということもできます。靴のデザインや耐久性、費用などを考えて、修理という機会を利用してアレンジを加えようとする人は実はたくさんいます。実際にどのようなアレンジの仕方があるのかをいくつか紹介します。

まずはメタル素材を利用するというものです。金属なので耐久性はどんな素材よりも高いと言えるでしょう。すり減りもほとんど心配はありませんし、底の一部がメタリックな輝きを見せるのでオシャレな印象も与えることができます。しかし歩く場所によってはカツカツと大きな音が響いてしまったり、すり足気味で歩く人は滑りやすかったりするので、歩き方には注意が必要です。このアレンジをする際には約3000円程度の費用がかかります。

次に革素材ですが、メタル素材には劣る物の頑丈で、更に見た目も自然な仕上がりになるということで人気が高い材料です。ただ凹凸がないので、メタル素材同様に歩き方によっては滑りやすさを感じることがあります。値段は1500円程度なので、リーズナブルだと感じられる人も多いのではないでしょうか。
最後にラバーですが、これは細かい凹凸があるので滑りやすさも軽減されます。またゴム素材なので耐久性も高いですし、値段も1000円強なので気軽に購入しやすいと言えるでしょう。

主にこの3つの素材を扱ってるお店が多いので、修理の際には問い合わせてみることをおすすめします。靴の雰囲気や底の素材、機能などを考えた上でアレンジをしていくと、修理後には今まで以上に履きやすくて素敵な靴になっているでしょう。アレンジをしたいけれどどんな素材を選べばいいか分からないと決めかねている時には、職人さんに直接聞いてみるのも手段の1つです。たくさんの靴を扱ってきた彼らであれば、的確なアドバイスを期待することができるでしょう。
メタル素材の場合には作業工程が増えるため費用も高くなってしまう傾向にあります。もし予めメタル素材をつけたいと思っている場合には、修理時期まで待たずに新品の状態で取り付けてもらった方が費用は抑えられます。

こまめな手入れが良い状態を保つためには必要

頻繁に履いている以上、靴のすり減りは避けては通れないでしょう。しかし一切手入れを行っていないのと、こまめに観察し手入れをしているのとではもちが全然違います。修理費や時間を抑えるためにはダメージを少なくすることが必要不可欠なので、手入れを行うことはもちろんのこと、普段からしっかり観察をし、修理のタイミングを逃さないように気を付けましょう。