サイズ調整について


買った靴が合わない、もしくは昔買った靴が体型変化で履けなくなってしまったという経験があるのではないでしょうか。そういうときは破棄してしまうのではなくて修理屋さんに頼んで修理依頼をしてもらう事をおすすめします。靴のサイズが小さいときはストレッチャーにかけて靴の幅を広くします。

そして、靴のサイズが大きいときはスポンジのシートをいれて靴の中の全体を小さくします。中敷が半分までしかない靴も新たに全体に中敷を入れる事が出来るのでほとんどの靴は修理でサイズを調整する事が出来ます。靴の調製でよく中敷を使って自分で行なうのですが、どうしても違和感が出るので出来るだけ修理の店舗で行う事をおすすめします。料金も1000以下でそこまで高くありません。

修理に出した方が本当に自分の足にピッタリに微調整してもらえるので絶対に履きやすいです。やはり、靴は履き心地が良い事が絶対に必要なので靴のサイズが合わなくなったら靴の修理屋さんで微調整をしてもらう事をおすすめします。靴のサイズが合わなくてお気に入りの靴を捨ててしまうことがないように靴の専門店で直してもらえるという事を忘れないようにしておきましょう。新しく買った靴がサイズが違ったという場合でも対応できるので、是非、利用してみてください。